sub1

業務内容 -Contents-

派遣ネットワーク事業

派遣社員を採用を検討されているお客様に対して『新派遣法』に準じた適正な派遣会社を紹介させて頂き、お客様と派遣会社を結びつける事を展開しております。

派遣ネットワーク事業

監査・請負事業

派遣社員を採用されているお客様に対して、お使いの派遣会社が様々な法律を遵守して 活動しているかを、弊社の内部監査員がお客様に代わり徹底したコンプライス監査を実施、結果を報告する事業を展開しております。

請負事業では、お客さまの業務効率化のため事務単位、製造ライン単位でお客様に最適な請負事業の構築を提案し、弊社が主管となって業務を請負います。
監査・請負事業

派遣会社トータルサービスとしてのアウトソーシング

給与計算業務の委託にあたっては、いうまでもなく信頼性とコストパフォーマンスが第一の条件となりますが、コスト削減を狙って給与計算業務だけを切り離して外注化しても、他業務との連携がうまくいかないケースもあります。

したがって、給与計算業務等の委託先を求めるにあたっては、単に事務作業の代行を効率よく行なってくれる業者ということ以上に、派遣業の事業の実態にも精通し、派遣業特有の業務処理に対応できる知識能力を有するかどうかが求められます。

当センターでは、派遣登録から雇用契約、派遣契約、管理台帳作成、勤怠、給与処理、請求処理までの業務の流れについて総合的な支援サービスを行います。

派遣業の業務に精通したスタッフにより一貫した支援サービスを行ないつつ、法的なチェックと指導監査のサービスを提供いたします。

アウトソーシング

派遣会社が成長力を維持するためには

人材派遣業は、企業のニーズに即応した人材を派遣就業させることによって、付加価値を生み出していくビジネスです。

このビジネスにとって必要な要素は、

企業のニーズをキャッチし、またはニーズを喚起させる提案をすること
派遣先で就業したい人材を募集採用すること
派遣社員を教育研修し、派遣就業するためのスキルの向上をはかること
企業のニーズと派遣社員の勤務意欲とのマッチングをはかること
派遣社員が安心して派遣就業できるよう必要な労務管理を行なうこと

の5点です。

これらの点について必要な企業努力を行ない、これらを担わせるべき人材の育成を行なっていけば、必ずビジネスとして前進が見込めます。

逆にいえば、派遣会社が成長力を持って業績を推進していくためには、あくまでもこれらの点に特化した営業活動を行なわなければならないということです。

いまひとつ成長力が維持できていないという派遣会社は、思い切って、総務・管理・給与・人事・庶務といった間接部門の業務をアウトソーシングという形で外注化してしまうべきです。